2013年07月25日

会話の達人から学ぶ、好感をもたれる会話術






自分の話し方って、なかなか把握できていないものです。



「また、この人と話がしたいな。」
そんな好印象をもたれる会話を、あなたは出来ているでしょうか?



知らず知らずのうちに、”つんつん”とした冷たい口調になっていませんか?
会話は、たった一言で印象を良くする事がありますが、たった一言で印象を
悪くすることだってあるんです。



すなわち、言葉は魔法でもあり、凶器にもなると言うことです。
あなたの一言が人を傷つける事があれば、喜ばせることも
あると言う事なんですね。



そこで、会話の達人により監修された『会話テクニック』を元に、
好印象をもたれる『会話テクニック』を紹介したいと思います。



@会話に相手の名前を入れる


 ○名前を呼ぶことで、相手が聞く体勢を作ってくれます

 ○名前はその人を表す大切な存在。

 ○相手の名前を呼ぶことで、2人の間の壁がひとつなくなります。



A自分から進んで心を開く


 ○自分から進んで心を開くことで、相手が心を開いてくれる可能性も
 高まります。

 ○自分の興味や好みを伝えることによって、相手に自分の心を開いていることを
 アピールできます。





↓↓↓後半に続く♪



エステ体験「美脚時代コース」エルセーヌ




実証型痩身エステ!今なら5円で体験可能!



ジェイエステティックなら脱毛750円




【ラ・パルレ】ダイエットキャンペーン





↓↓↓ここから本文です





B否定・断定表現は使わない


 ○否定語を使う話し方は、反感を抱かれます。


 ○「これは絶対に○○でしょ」などと、いかにも世の中全体の
 意見のように話すのは要注意。


 ○否定語、断定表現は、「この人に言っても理解されない」
「分かってくれない」と言うことになり、いずれ誰からも
 話しかけられなくなります。



C相手を気持ちよくする


 ○会話上手とはすなわち、相手に優越感を与えられる人のことです。


 ○相手のことに心から興味を持ち、自然な相づちをうつ。


 ○自分や自分の身内の話題をふられたら誰でも嬉しくなるのと同じで、
 「お子さんの運動会は楽しめましたか?」などと、さりげなく会話をふる。


 ○「素敵なネクタイですね」「かわいいお洋服ですね」など、相手の特徴や変化に
  気づけるようになると話題に困ることも少なくなります。



以上が、会話の達人から学ぶ『会話テクニック』になります。



さて、あなたが普段、何げなしに会話していた中に、いくつのマイナスポイントを
見つけることができましたか?



『会話テクニック』を身につけるだけで、相手にとっても自分にとっても、
苦痛を感じない、ストレスを感じない会話が実現できます。



是非、女子力UPのために試して下さいね。








posted by オトナ女子 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。