2013年07月28日

うっかり日焼けしてしまったお肌に・・・早めのケアを!!






夏本番の今日この頃・・・
日焼け対策はちゃんといていますか?




万全の対策をとっていても、日焼けはなかなか防げません。
そんな、日焼けでお悩みの女子に日焼けしてしまったお肌に
早めのケアをして頂きたく、ご紹介したいと思います。




☆日焼けし後のケアまとめ☆

1、冷やして、水分補給

日焼けは火傷と同じです。
冷やし方は、保冷剤やビニール袋に入れた氷をタオルに包んで冷やしたり、
冷たいシャワーをあてたりします。
化粧水やクリームは肌に刺激を与えてしまうので、敏感に赤くなっていたり
痛みがある場合は、治るまで避けて下さい。
ミネラルウォーターなどの水分補給をしっかり行い、内側からのケアも
怠らないで下さい。




2、皮膚の水分補給

肌の赤み、痛みがひいてきたら、たっぷり化粧水をつけて保湿をしましょう。
惜しみなく使える安価の化粧水をやさしくパッティングして下さい。
普段の3〜5倍入れ込むのが理想です。
手でピタピタとパッティングするよりも、コットンでやさしくクルクルしてあげる方が
肌表面の凹凸に左右されず、まんべんなくしっかりと化粧水が浸透します。


※美白成分をすぐに入れ込みたいと思う方は多いですが、まずは保湿が重要です。
肌が十分に落ち着いてきたら、ビタミンC配合の美白コスメ等を使うことが望ましいです。




3、化粧水の次は乳液

クリームやオイルなどで水分の蒸発を防いであげましょう。


【重要】
絶対にやってはいけないこと

日焼けの状態がひどい時は、皮膚の皮がポロポロとむけてきます。
この皮、ついついむきたくなりますが、絶対にむいてはダメです!
これは肌を傷つけてしまう行為なので、炎症の元になります。
どんなときでも、やさしく、こすらずを忘れないで下さい。





↓↓↓後半に続く♪



エステ体験「美脚時代コース」エルセーヌ




実証型痩身エステ!今なら5円で体験可能!



ジェイエステティックなら脱毛750円




【ラ・パルレ】ダイエットキャンペーン





↓↓↓ここから本文です



4、日焼け後にほしい栄養素と食物

○ビタミンC
紫外線によって増えるメラニンの生成を抑える働きがあり、しみやそばかすに効果があります。
レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の果物や、緑黄色野菜に多く含まれています。

効果的な摂取の仕方は、ジュースが簡単でいいです。
朝食後(朝食に限らず満腹時)にビタミンCの含まれるジュースを、200ml。
一口ずつ、一時間かけて飲み、さらにビタミンP、ビタミンEなどを一緒に摂ると効果的です。




○ビタミンE

ビタミンCとビタミンEをいっしょに摂取すると、日焼けの肌の回復効果がよくなります。
ビタミンEが不足すると老化色素の合成が促進され、シミやそばかすになりやすくなります。
アボカドや大豆、ゴマ、ナッツ類に多く含まれています。
サラダにしてゴマドレッシングをかけて積極的に食べるといいですね。
その他、うなぎや海苔にも多く含まれています。




○βカロチン

肌は日焼けすると紫外線により活性酸素が発生し、細胞を傷つけます。
その活性酸素を抑えてくれるのがβカロチンです。
にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれています。




○たんぱく質

肌をつくりあげる構成要素のひとつなので、しっかり摂って肌を再生させましょう。
肉、魚、大豆食品に含まれています。




☆日焼け後ケア簡単レシピ

冷しゃぶ

ビタミンE(ごまドレッシング)とβカロチン、たんぱく質が摂れるので
日焼けした日には食べたい一品です。


img_534.jpg




いかがでしたでしょうか?
日焼けは肌トラブルの原因につながるので、早めのケアをオススメします。




日焼けした直後はケアするのが面倒かもしれませんが、そこをなんとか頑張って、
次の日からの肌のために、ケアしてあげて下さいね。








posted by オトナ女子 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。